手を伸ばしている女性

オススメリンク

値を下げるには

ガッツポーズ

初歩的な知識やldlコレステロールの下げ方などが掲載されています。これを見れば健康な生活に近づきます。

最近ではよくメタボという言葉を聞きます。これは中性脂肪が多くお腹の周りに無駄な贅肉がつくことにより腹囲の値が大きく成人病予備軍とされています。そのまま放っておくと動脈硬化や脳卒中そして脳梗塞といった恐ろしい病気を発症する可能性が高くなります。中性脂肪がつくと血液内の脂分が高くなりいわゆるドロドロ血液となります。すると悪玉ldlコレステロール値が高くなります。腹囲の値が高い人はldlコレステロール値も高い傾向があります。ldlコレステロール値を下げるには青魚や大豆そして食物繊維やビタミンの摂取が有効で、特に最近注目されているのはお酢です。中でもクエン酸を他の食品に比べてより多く摂取することが可能なリンゴ酢や黒酢が注目を集めています。

ldlコレステロールを多く含む食べ物を摂取しないことも大事です。特に卵やレバー、魚の卵やクリームやチーズをなるべく摂取しないことが大事です。また脂肪を燃焼するには有酸素運動が必要です。最もお勧めの方法は自宅でエアロバイクを購入し毎日少しづつ継続して行うことです。ジムに行くにはお金が必要で時間が限られた社会人にとっては継続して通うことは難しいため家に置くことがお勧めです。脂肪が燃焼し始めるのが20分の継続した有酸素運動なのでそれほど負荷が高くなくてよいため、毎日30分以上継続して行うことが大事です。また下半身の筋肉を鍛えるスクワットは有効な無酸素運動で、基礎代謝を上げることにより脂肪を燃えやすい体にすることが出来ます。

必要でもある成分

手の中のトマト

ldlコレステロールは悪玉と呼ばれ、その存在そのものが悪だと思われがちですが、それは誤解です。コレステロールは人体必要不可欠です。ただ量が増えすぎると、動脈硬化の原因となります。食事やサプリでEPA,DHAの摂取を心がけましょう。

Read More

血管に毒となる

沢山の野菜

ldlコレステロールは血管にへばり付くことで心筋梗塞や脳卒中を引き起こす恐ろしい成分です。ldlコレステロールを制限するためには、食品に含まれる成分を利用するのが効果的です。マグロに含まれるDHAや野菜に含まれる食物繊維を摂りましょう。

Read More

悪玉コレステロール

ヨガ

ldlコレステロールは、動脈効果や脳梗塞などの生活習慣病を引き起こすため、改善する必要があります。このコレステロールを改善するには、サプリメントやお茶など積極的に摂取するようにしましょう。

Read More