血管に毒となる

沢山の野菜

ldlコレステロールは悪玉コレステロールとも呼ばれ、肝臓で作られて各臓器に送られる成分です。 放っておくと体に溜まりやすく、ldlコレステロールの値が高いことは危険視されています。 具体的にどのような働きをするかと言えば、細胞に送るためにldlコレステロールは血液中を流れるのですが、過剰量となると受け手となる細胞が吸収しきれなくなります。 すると血管内にldlコレステロールが残されることとなり、活性酸素と触れることで活性化、最終的に血管壁にこびり付いて残ってしまうのです。 ldlコレステロール値が高いという事は、血管にこびり付く量も多いですから、血液循環を阻害してしまいます。 結果、動脈硬化や心筋梗塞、脳卒中といった恐ろしい病気を引き起こすのです。

ldlコレステロールは、好き勝手な食生活を送っていると溜まりやすい成分です。 普段からldlコレステロールを抑えてくれる食品を取り入れることを意識しましょう。 ldl食品を下げてくれる食品は数多く考えられますが、代表的なものはDHAを多く含むマグロや青魚でしょう。 DHAはhdlコレステロールを増加させ、肝臓に働きかけてldlコレステロールの原因となる中性脂肪の合成を抑えてくれます。 他にも、野菜やサツマイモに多く含まれる食物繊維はldlコレステロールを体外排出する手助けになります。 血管に付着したldlコレステロールを取り除いてくれる働きを期待してレンチンが含まれる大豆食品―納豆や豆乳―を摂るのも有効です。