必要でもある成分

手の中のトマト

ldlコレステロールは、悪玉コレステロールとも呼ばれます。コレステロールには善玉、悪玉と呼ばれるものがあります。悪玉は悪者で、善玉は正義の味方のように思われていますが、それは正しくありません。悪玉つまりldlコレステロールは適切な量であれば、人間にとって、なくてはならない大切なものです。ただ量が多すぎると体に悪影響を及ぼす、諸刃の剣と言えるでしょう。 コレステロールは私たちの体にどのような働きをしてくれるのでしょうか。コレステロールは脂肪の一つです。と言ってもそれが即皮下脂肪と言う訳ではありません。肝臓や小腸で作られたコレステロールは血液、脊髄、脳などに運びこまれます。コレステロールは細胞膜を作ったり、ホルモンや胆汁酸の原料になります。不足すると疲れやすくなったり、免疫力が下がったりします。

このように、とても大切な働きをするコレステロールが、どうして善玉と悪玉に分けられるのでしょうか。 それは悪玉と呼ばれるldlコレステロールが全身にコレステロールを届ける役割、善玉と呼ばれるhdlコレステロールが余分なコレステロールを回収する役割があるからです。コレステロールは脂肪です。血液中に過剰にあれば、どろどろの血液になってしまいます。いくら善玉が回収しても追いつかないほどldlコレステロールがあれば、どろどろになります。これが動脈硬化を引き起こしたり、最終的には心筋梗塞や脳梗塞を引き起こします。 そうならないためには、ldlコレステロールを低く保つ必要があります。コレステロールを多く含む食品の摂取を抑えることや、適度な運動を行うことが大切です。しかしもっと積極的にldlコレステロールを下げるためには、EPAやDHAを含む食品やサプリメントの摂取が有効です。